業務案内
ホーム > 業務内容

業務内容

現在、東京含む近郊の地下鉄、約195kmのうち、約85%がトンネル区間となります。
その中には供用開始から80年以上経過した区間もあります。トンネル区間の多くは河川等と交差する箇所も多く常時ひび割れ部より漏水が生じる箇所もあるのが現状です。
当社では、こういった老朽化などで悪くなった壁を壊して補修・ひび割れからの漏水の止水工事を行っております。

対応業務

  • 止水工事

    止水工事

    止水の方法は、壁にウレタン樹脂を注入する。
    ウレタン樹脂は、水と接触した部分から固結反応が始まり、炭酸ガスを発生して浸透を進めながら固まり、注入した量の数倍の固結体が得られます。 こういった工法で水を止めていきます。

  • 構築補修

    構築補修

    当社は、地下鉄トンネルの構築補修が主な業務となります。
    老朽化などで悪くなった壁をはつり落としで壊して、モルタルで修復補修いたします。
    河川等が近い箇所では、犠牲陽極材を使用し、作業を行っていきます。